N-BOX N-ONE 再々再リコール
今月12日にまたまた・・・またリコールが告知されました。

 

N BOXなど5車種のリコール (平成27年11月12日届出) 
 

リコール届出番号
3671
リコール開始日
平成27年11月13日
不具合の部位(部品名) 動力伝達装置(ドライブプーリーシャフト)
基準不適合状態にあると認める構造、 
装置又は性能の状況及びその原因
パドルシフト搭載車において、エンジン制御コンピューター(ECU)のプログラムが不適切なため、アクセルペダルから足を離した減速中にパドルシフト操作により2速から1速へ変速すると、無段変速機のドライブプーリーシャフトに高い負荷が加わることがあります。そのため、その状態を繰り返すとシャフトが折損し、最悪の場合、走行不能となるおそれがあります。
改善措置の内容 車載のサービス診断記録装置を確認し、ドライブプーリーシャフトへの負荷状態が基準値以内の場合は、エンジン制御コンピューターを対策プログラムに書き換えます。基準値以外の場合は、無段変速機を新品と交換するとともに、エンジン制御コンピューターを対策プログラムに書き換えます。
自動車使用者及び自動車分解整備
事業者に周知させるための措置
・使用者:ダイレクトメール等で通知します。

・自動車分解整備事業者:日整連発行の機関誌に掲載します。

・改善実施済車には、運転者席側ドア開口部のドアストライカー付近に
No.3671のステッカーを貼付します。

本件は、平成25年6月13日付け届出番号「3173」にてリコール届出をおこなったものですが、新たな原因が判明したため、対象範囲を見直し、再度届出するものです。

数年前のリコールとまったく同じことでまたリコール。

新たな原因が判明したためとありますが、改善措置の内容が数年前の前回とまったく同じではないですか??

前回の原因
変速レバーを前進又は後退位置へ操作後、素早いアクセル操作を行うと、CVTのドライブプーリシャフトに高負荷が加わり、繰り返すとシャフトが折損し走行不能となる恐れがある。

今回の原因(新たな原因)
アクセルペダルから足を離した減速中にパドルシフト操作により2速から1速へ変速すると、無段変速機のドライブプーリーシャフトに高い負荷が加わることがあります。そのため、その状態を繰り返すとシャフトが折損し、最悪の場合、走行不能となるおそれがあります。

別の理由でも壊れるかもしれないから、また再リコール・・・ということですが、

根本的な原因はどちらも同じです。

要するに、ドライブプーリーシャフトに高負荷がかかると マズイ ということ。


エンジン制御コンピューター(ECU)のプログラムが不適切なためとされていますが・・・

これはもう、ドライブプーリーシャフト自体がダメなんでは??

オーナーのみなさん。

例え基準値以内でも・・・

プログラムでまた ごまかす のはやめて・・・

是非ともCVTを新品に交換してもらいましょう!